完売しました。ありがとうございました。
次回は、平成29年4月に新しく生まれ変わる旭泉です。お楽しみにお待ちください。

低精白純米酒
ご購入はこちら  お客様の声 

低精白でいいの?

しかし

純米酒



低精白江戸時代の酒


■ 200年という時の流れを じっくり楽しむ 懐古酒  

平成18年夏。

200年前のお酒って、どんなお酒だったのだろう?
創業200年を迎えようとしている時に蔵元と杜氏は、ふと考えた。

「200年前なら、水車で、コットン、コットン、と、時間を掛けて精米するから今の大吟醸などのような精米率は絶対ないし、もちろん、酒造好適米なんてなかったなぁ・・・という事は、飯米で磨かれてない米で、造っていたんだよなぁ。」

「それでも、池田などで、造られた酒は、廻船に乗せられて江戸に下って、旨い酒として、呑まれていたんだよなぁ」

「どんな味わいだったんだろうか?」
「今のような 淡麗辛口!なんて、ことは、絶対ないな。」

「アミノ酸の豊富な、厚みと旨みのあるぽってりした味わいになるだろう。」
「酸と骨格のしっかりした肉厚の風味になるだろう。」


当時のお酒は、きっと、そんなタイプだったにちがいない。
今の淡麗なお酒とは、反対の酒質・・・と、蔵元と杜氏は、酒を酌み交わしながら江戸の昔に想いを馳せたのです。

そして、その想いを酒で造ろう!と、意気込み、江戸時代の文献を調べに国立国会図書館へ!!


高精米の酒造りの技は磨いてきたが、低精白の酒造りとなると、文献をもとに、手探りの酒造り。 

チャレンジ!江戸時代の酒造り!! 

ハナエチゼン

■ 200年前の酒造り そのままに手造り 懐古酒  

200年前を再現しようというこのお酒。
精米率が200年前とほぼ同じ。
日本酒の造り方が確立された時期でもある200年前。
当時の人は、水汲みから始まって、手作業で酒が腐らないようにと、細心の注意を払って造ったはず。
ボイラーもない時にカマドの火で蒸し上げられる米の量は、多くない。
小仕込みで全くの手作業。
江戸時代の職人さんの心を想像しながら、懐古酒造りは、始まったのだ。
当時に醸造用アルコールはないから、当然純米酒。
また、炭素濾過もないだろうから、無濾過生原酒
酒造り 浪漫紀行の    お味は??

有機酸たっぷり

旨い純米酒

米の周りを削ってないので、アミノ酸をはじめとする有機酸が380種類も含まれているので、酸の厚みと旨みののった、酸の豊富な味わいが特徴です。

本来なら、雑味となるところを、酸のバランスで味全体の調和を図り、淡麗辛口とは全く 反対の 米・米麹のうまみタップリ♪の 骨太の酒

かと言って、だれていない、キリッ!と ひきしまった 野武士のような酒
やさしさ、人情味もあれば、自分の意思を貫く強い意思を持った酒


燗酒純米酒
燗酒 純米酒
そうなんです♪
生原酒、という時点で、普通は、冷やして飲もう!が一般的なのです。
でも、このお酒は大丈夫なのです。
なぜなら、ボディがしっかりしているから!!燗酒 純米酒
試してビックリ!
納得の味だと想います。
40度から45度の燗もいいですし、50度まで暖めたあと、じっくりとすこしずつ冷めてくる温度帯を楽しむのも酒飲みの楽しみの一つ。
お気に入りの盃で、さぁ、一献、あては、何ですか?

【お客様の声】


名古屋のおそばやさんでぬる燗でいただきました。そばにぴったりあって、とても美味しかったです。 それで、調べてようやくここにたどりつきました。年越しそばとともに、たのしませてもらいます。 (愛知県 K様)

こんにちは。 いつもありがとうございます。春江の加藤です。 昨日家族とともに栓を抜いた「旭泉」の残りを今いただいております。 私の体によくなじむお酒といいますか、酔い心地も口当たりも非常にスムース に感じます。 爽やかさよりもコクが前にきている味わいではないのですが、不思議ですね。 今後もいろいろと楽しませていただきます。 すてきなお酒でした。ありがとうございます。

私が時々蔵から買わせていただいている「白龍」、 綺麗なお酒を造られているというイメージでしたが、今回の酒は、一味違っていて、私の飲んでみたい!と思っていた、お酒で、私のストライクゾーン。
造り手も チャレンジ!! 85%
いざ、江戸時代 200年前!!
 やみつきになりそうです。(東京都・石本様)

白龍の、兄弟ブランドとして、消滅していたブランドを復活させて、我々が普段食べているお米の精米歩合85%で日本酒を作ってしまいました。40%、30%と磨きまくるご時世の中ものすごく興味深いです  (ガリクソンさん)

まさに、僕向きの酒だね。これ1本でいろいろ楽しめる。まずは、冷やしてある旭泉をゴックン!盃を持っているうちに、人肌で温まって、また、違った味わいに。この変化がうれしいね。そして、次は、簡単にレンジでチン!アルミホイルをかけて、最初は、ちょっときつい味なんだけど、冷めてくると、またまた、こってりとした米で造っているぞ!!って感じの味わいになる。そして、最後の締めは、氷を浮かべて、テレビを見ながら楽しむ。この値段で、しかも純米酒で何通りも楽しめて、酒好きの僕には、たまらない1本です。(堺市・坂井様)
懐古酒 旭泉

懐古酒旭泉・生原酒

懐古酒 旭泉(原酒)
【原料米・精米歩合】
 
【アルコール度数】17度〜18度
【日本酒度】+1
【酸度】2.3
【飲み方】そのまま冷で。または、氷を浮かべてオンザ・ロックで。

 

商品番号: 0200
懐古酒 旭泉原酒 720ml

 

商品番号: 0202
懐古酒 旭泉原酒 1800ml

 

FAX注文
送料・支払い
熨斗
■ 現在の日本酒造りの製造方法が確立されたのは、江戸時代  

現代の日本酒の酒造法技術が完成されたのは江戸時代の元禄期までのこと。
その方法は基本的にそのままの形で今日まで受け継がれています。
段掛けは現在とおなじ三段仕込みが主流です。
16世紀半ばには蒸米、麹米ともに白米が使用されはじめ、元禄の頃までに摂津の伊丹と鴻池で寒造りの技術が幕府の政策もこれに拍車をかけ、開発、完成されています。
このことに伴い、半年だけ奉公する杜氏制度も作り上げられました。
池田などから江戸へ下った酒は、下り酒として、江戸で愛飲され、
また、この下り酒が再び池田へ戻った酒は、益々熟成して美味しくなり貴重なものだったということです。

白龍の一貫造り  こだわり   お問いあわせ


女将おすすめ商品
大吟醸斗瓶囲い
白龍純米大吟醸
長期低温熟成純米大吟醸
純米酒 てきてき
袋つりのしずく酒 食中酒に最適! ご贈答に 燗酒最適!
大吟醸斗瓶囲い 白龍純米大吟醸 長期低温熟成
純米大吟醸
特別純米酒 
贅沢!山田錦100%

福井特産》酒の肴 

ご注文 FAX注文用紙
※業務用をお問合せのお客様は、こちらからお願い致します >>業者様専用お問合せ窓口
ひやおろし
一貫造り日本酒一覧

 

メルマガ登録解除
おかみブログ


お客様の声

よくあるご質問

のし・メッセージカード

商品一覧

カタログ請求

お問い合わせ

初めての方へ
“地酒蔵”白龍の紹介
蔵元よりごあいさつ
地酒とは?
特定名称酒とは?
ご注文の流れ
ご購入の詳細

吉田酒造について
会社概要
プライバシーポリシー
特定商取引に基づく表記
賞歴
マスコミ掲載履歴
3R運動への参加



2017年6月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

2017年7月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
8月は、土・日のほかに14.15.16日は、盆休みを頂いております。

▲このページの上部へ戻る

吉田酒造
一貫造り

一貫造りへのこだわり 〜米・水・土・人〜
●白龍的米作り土づくり編田植え編稲刈り編精米編
●白龍的酒造り精米編蒸し米編麹(こうじ)編酵母・酒母編もろみ・発酵編

◆お酒は20歳になってから◆※未成年者の飲酒は法律で禁じられています。20歳未満の方のご購入はお断りいたします
ご購入詳細
送料は、全国一律540円
※ただし沖縄・離島など一部は除きます
※尚、クール便は別途216円お願い申し上げます。
お支払い方法は、便利な4種類
クレジットカード・郵便振替・代金引換・銀行振込の4種類です。
基本的には、先送り、後払いの安心システムですが、次の場合は『代金引換払い』また『先払い』(銀行振込(先払い)・郵便振替(先払い)・クレジットカード・先払い)をご選択いただけますようお願い申し上げます。
○ 当店でのお買い物が初めてのお客様
○ 未払い代金があるお客様
○ 1万円以上のお客様
○ 弊社規定のお支払い期間にお支払いのない場合
返品・交換も承ります
正常品の返品については、未開封のもののみ受付けます。不良品、破損品などについては、着払いにてご返品後、良品と交換させていただきます。
いずれも到着後、1週間以内でご返品下さい。
(メールご連絡により14日を限度に延長ができます)
尚、お客様のご都合による場合は、送料をご負担願います
ヤマト・佐川宅急便で配送いたします
お届け時間帯
配送日と配送時間帯は、あくまでも予定です。
誠に申し訳ございませんが、天候・災害や交通事情などやむを得ない事情によりお届け日時に遅れる場合もございますので、予めご了承下さいますよう、何卒ご理解の程よろしくお願いします。
お客様の情報は大切に取り扱います
地酒蔵白龍は、お客様とのやり取りの中で得た個人情報(住所氏名、メールアドレス、ご購入アイテムなど)を、裁判所・警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外の第三者に譲渡または利用しないことをお約束いたします。
プライバシーポリシー →
お気軽にお問い合わせください
どんなささいなことでも結構です。
心をこめて対応させていただきます。


※平日10:00〜17:00(土日祝はお休みとさせていただきます)


※24時間 365日受付しております
※土日祝のお問合せには翌営業日にご返答させていただきます

日本酒商品一覧大吟醸日本酒純米大吟醸日本酒純米酒地酒酒粕|お歳暮日本酒父の日名入れ日本酒
ご購入案内一貫造りこだわりサイトマップGoogle Sitemaps用XML自動生成ツール

[醸造元:吉田酒造有限会社] 〜福井の地酒蔵 白龍〜
女将/吉田由香里 E-Mail:hakuryu@jizakegura.com
〒910-1325 福井県吉田郡永平寺町北島7-22  TEL(0776)64-2015  FAX(0776)64-2932

※このサイトへ掲載している記事・写真等の無断転写を禁止します Copyright(C)2006 吉田酒造All Rights Reserved.