なぜ、防虫剤を撒かなくても大丈夫なの?

田圃には、色々な生き物がくらしています。

 

特に取水期になると生物が多くなります。

かえる・くも・たにし・みみず・へび・カメムシ・やご

害虫・益虫・ただの虫

色々です。

 

むやみに防虫剤を撒くと害虫だけでなく

益虫だって殺すことになります。

 

だから、田圃の中で 生態系がうまく保たれればいいのですね。

もみについて、もみの中の栄養分を吸ってしまうカメムシ

カメムシにやられた もみは、茶色く変色し

まともな米粒には なりません。

 

また、葉っぱにつく虫もいて、ゾウムシなどこれは、

葉の光合成の邪魔をします。

 

これらをやっつけてくれる益虫が

蛙・蜘蛛・かまきり・などです。

 

確かに、米のよしあし、収穫量を考えると

害虫をやっつけたほうがいい!という意見もあるでしょう。

 

しかし、白龍では、自然の生態系を保ち

防臭剤のかかってない 山田錦で 地酒を醸したいです。

 

福井の地酒 白龍醸造元

吉田酒造有限会社

電話 0776-64-2015

実店舗 定休日 火曜日

営業時間 10:00~19:00

 

純米酒は、山田錦の米作りをしている酒蔵

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です