酒粕で甘酒汁粉

甘酒は、皆様簡単に作られるとおもいますので、

更に一工夫したいと思います。

 

ここで使う酒粕は、

酒粕

大吟醸酒粕

大吟醸酒粕袋とり

 

大吟醸袋とり以外の酒粕は

解けやすいように、水かぬるま湯で

柔らかくしてから お使いください。

 

大吟醸酒粕は、香りがいいのでお奨めです。

“酒粕で甘酒汁粉” の続きを読む

酒粕入りすき焼き

酒粕を使った面白い料理の紹介です。

 

酒粕で安いお肉も柔らかく 更に美味しくしましょう!

 

この料理には、下のどの酒粕でもいいですが、

大吟醸袋とり酒粕以外は、

水かぬるま湯で柔らかくしてから 使ってください。

 

奈良漬用の練り粕は、味が濃いので

少し量を減らしてください。

 

酒粕

大吟醸酒粕

大吟醸酒粕袋とり

奈良漬け用酒粕

大吟醸熟成酒粕

“酒粕入りすき焼き” の続きを読む

ゴルゴンゾーラの酒粕あえ

面白い酒粕料理を紹介します。

 

ゴルゴンゾーラチーズは、アオカビのチーズで独特の香りがあります。

 

そして、同じく 発酵食品で仲間です。

なので、相性は、バツグン!!

 

この料理に使う酒粕は、

大吟醸酒粕袋とり

が、なめらかでペースト状にする手間も省け

香りもよく

美味しい和え物ができます。

 

“ゴルゴンゾーラの酒粕あえ” の続きを読む

白龍酒粕の種類

酒粕には、いろいろな種類があります。

 

酒粕

大吟醸酒粕

大吟醸酒粕袋とり

奈良漬け用酒粕

大吟醸熟成酒粕

 

色々ありますが

どのような酒から出来ているか

どのような形状になっているか

どの位期間をおいたものか

 

です。

それによって使い方も様々です。

“白龍酒粕の種類” の続きを読む

酒粕の効用

白龍の酒粕には、

酒粕

大吟醸酒粕

大吟醸酒粕袋とり

色々ありますが

 

酒粕には多くの成分が含まれています。

 

アミノ酸、ペプチド、ビタミン、酵母などですが

その中でもアミノ酸とペプチドに注目が集まっています。

 

アミノ酸はタンパク質を構成する最小単位です。

このアミノ酸が各人の遺伝子情報に基づいて結合し、

その結果、骨、脳、内臓をはじめ

血液、神経伝達物質、髪の毛、爪などがつくられていきます。

 

“酒粕の効用” の続きを読む

酒粕は、百薬の長! 

白龍の酒粕は、

酒粕

大吟醸酒粕

大吟醸酒粕袋とり

色々ありますが

 

なぜ、酒粕でないとだめなの?

 

日本酒では?米では?ダメなの?

 

体の中で大活躍のレジスタントプロテイン

レジスタントプロテインは、米の中にあります。

 

だから、液体になってしまう日本酒では、ダメなんですね。

では、米そのものでもいいのでは?

 

これも、米だけでは、ダメなんですね。

“酒粕は、百薬の長! ” の続きを読む

日本酒は、百薬の長!酒粕も百薬の長!!

昔から 酒は、百薬の長といいます。

そして、酒粕だって、百薬の長!です。

 

白龍の酒粕は、

酒粕

大吟醸酒粕

大吟醸酒粕袋とり

色々ありますが

 

酒粕で悪玉コレステロールが減ります。

そして、お通じ改善にも ◎

 

なぜ?

 

それは、

“日本酒は、百薬の長!酒粕も百薬の長!!” の続きを読む